モヤモヤを抱えて今日も生きる。

とかくこの世は生きにくい。日々モヤモヤを抱えて生きています。モヤモヤジャンルは本・子育て・教育・映画・ニュース・社会などです。あなたに響けば幸いです。

ひろゆき氏のおかげで沖縄のこともっと勉強しようと思いました

「こんなことでもなければ、沖縄なんて行かないだろう」 その時こんなんふうに思ったものですから旅行先は沖縄に決めました。 人生のビッグイベントでした。 そのときは沖縄のことなんかろくに知らず、 「南の島でのんびりできる」くらいの軽い気持ちでした…

室伏広治さんの本、『ゾーンの入り方』を読みました。

やっぱり、超一流のアスリートはすごいな!と素直に思いました。 いきなり余談ですが、ワタシ、本を読むときは付箋を貼りまくっています。 心が動いたところには、とりあえず「ペタ!」です。 以前は赤鉛筆で線を引いていたのですが、さすがに借りた本には線…

紙の健康保険証を廃止してマイナカードに一本化するって?

ついに来ました! なんという力技、ゴリ押し、むちゃくちゃ 紙の健康保険証を廃止してマイナンバーカードに一本化するって話ですね。 政府が発表しました。 いつからかっていうと、再来年2024年の秋には実施されるらしいです。 マイナンバーカードについ…

辺野古の座り込み抗議3000日にエールを送ったのは・・・

沖縄県の面積は日本の総面積の0.6パーセント、 その沖縄に、在日アメリカ軍基地・施設の約70パーセントがあります。 沖縄を訪れた時、はじめてこのことを知りました。 普天間基地も嘉手納基地も間近に見てきました。 米軍基地があるがゆえに、基地に起因する…

ひろゆき氏の辺野古座り込み抗議に対する投稿について

沖縄・辺野古新基地反対の座り込み抗議について、 ひろゆきさんが投稿した記事が波紋を広げています。 基地建設に反対する人たちの看板の前で満面の笑顔でピースする写真とともに 「座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくない?」とツイート…

自分が高校生のとき「社会」は暗記科目だと思っていました

『社会に出るあなたに伝えたい なぜ、いま思考力が必要なのか? (講談社+α新書)』(池上彰=著)を読みました。 今から思い返すと、中学校・高校時代と勉強は暗記することだとずっと思っていたようです。 国語や数学は、ちょっとは考えたかもしれませんが、社…

この記事読んでも楽になれないのはどうしてだろう?

子育て中のパパママさんは大変です。 こどもはいつも親の言うことを聞いてくれるというものではありませんから。 「子どもが言うことを聞いてくれない」という親に伝えたい…子を叱るときの言葉 こんなタイトルを見たら、飛びつきたくなる気持ちもわかります…

クレジットカードのポイントとnanacoポイントをダブルでゲット!

「お菓子の値段が高くなってもお小遣いはそのままなのできついです。」 小学生くらいの子どもがこんなことを云ってたのを聞いて、 世のサラリーマンみたいだと、笑ってしまいました。 こんなご時世は、地味に節約が大事になってきます。 通販サイトなんかで…

教員のなり手がいなくなってやっと気づいた?!

教員志望の若者が減少しているってニュースが見受けられるようになりました。 この傾向はここにきてはっきりしてきました。 これはこの国のすべての人に関わる憂うべき傾向だと思います。 教育をおろそかにする国で、栄えたところは過去にないでしょう。 学…

ドライブが気晴らしなのですが

休みの日には必ず出かけます。 外に出ないと気分が変わらないのでどんなに短くても出かけます。 最近は、街外れに感じのよいカフェが増えたのであちこち訪れています。 それでも毎週となると、行くところもなくなって困ります。 そんなときは、ただ車を走ら…

国葬で顕になった日本という国の屋台骨

今回の国葬がいろいろと物議をかもしましたね。 この後も新聞などでは検証する企画がいくつかあるようです。 もうしばらくは騒がしい日が続きそうです。 終わってみれば、世論を二分するような結果を引き起こし、 国中が故人を追悼するという雰囲気にはなら…

「勉強しなさい」は、効き目があるか?

勉強しないわが子を見ていると、つい「勉強しなさい」という言葉が出てきます。 勉強しないわが子を前にして、「勉強しなさい」を言わないでいられる親はどのくらいいるでしょうか。 しかし、この言葉はあまり効果があるとは思えません。 「勉強しなさい」と…

日が暮れて・・・夜が来る、その境目が怖っ!

「夜と朝の間に」という歌が昔ありました。 夜と朝の間って、いったい何時ころのことを云うんでしょうね。 今日の午後、とある小高い丘の中腹にあるお寺のお堂の縁側に座って数時間を過ごしました。 住職は常駐でないので、お堂は閉まっていて誰もいません。…

絵を描いてみたら自分の性格と向き合うことに・・・

絵を描くのが好きだったのだと思います。 こどもの頃から風景や物をスケッチするのが好きだったなぁと今思い出しています。 小学生の頃、風景画に太陽を描き込んで提出したら先生に「太陽は描かないのっ!」と言われ、 不承不承ながら、絵の具で塗りつぶして…

「ちゃんと考えてやってる?」と問われたら

あなたが上司から「ちゃんと考えてやってる?」と聞かれたら、どう答えますか。 「はい、もちろん考えてやってるつもりです。」と答えますよね。 でもね、こんな時に「どんな工夫をしましたか」と聞かれたら、 本当にやっていなかったら答えられない。 「実…

『川っぺりムコリッタ』映画館で観てきました

ムロツヨシさん演じる島田がドアの向こうから現れただけで、 ワタシの斜め後ろに座っていたオバちゃん軍団から笑いが起こりました。 しかも、セリフが「お風呂貸してくれない?」ですからね。 ドアを開けた山田(松山ケンイチ)じゃなくてもビックリの登場で…

てぃ先生が言っちゃいましたね

カリスマ保育士ともいわれる、てぃ先生ですが、 その発言がネットで話題になっていました。 テレビ番組「踊る!さんま御殿!!」に出演して言ったことが物議をかもしているようです。 その発言の内容とは、 「SNSやニュースのコメント欄で『あいつ、子供もい…

「日本女性はかわいそう」と言われるのはなぜ?

国民性の違いを表すジョークに沈没船ジョークというのがあります。 「沈没しそうな客船から乗客を海に逃す際、船長は各国の人々に何と言えばいいか」というものです。 アメリカ人に対しては、「飛び込めば英雄になれますよ」 イギリス人に対しては、「紳士は…

映画「キンキーブーツ」を久しぶりに見ました。

映画「キンキーブーツ」は2018年製作のイギリス映画です。 その後、ミュージカル版もできてブロードウェイで上演され、トニー賞を受賞しました。 日本でも小池徹平と三浦春馬の主演で上演されたのでよく知られていますよね。 父の死後、田舎の倒産しそう…

背が低いのは仕方がない、でも・・・

世の中には背が高い人がいれば、背の低い人もいます。 太った人がいれば、痩せた人もいるのと同じです。 学校で「背の低い順に並ぶ」ことに疑問を感じている人って本当にいないのか? 小学校時代に自分の身体的特徴を思い知らされるのって心に何らかの影響が…

「車内置き去り」を防ぐシステム

幼稚園の通園バスに置き去りにされて園児が死亡した事件の続報が伝えられています。 いくつもの人為的ミスが重なって事故に至ったとのこと。 実態が明らかになるほどに、園側の責任感の欠如が浮き彫りになります。 子どもを預かる任にある人たちには心しても…

「意味がわからない」とは言えないワタシ

また、痛ましい事故が起きてしまいました。 認定こども園の通園バスに園児が置き去りになり死に至ってしまった事故です。 このことがメディアで取り上げられてかまびすしいのですが、 その中で、テレビのコメンテーターのコメントにちょっとモヤモヤを感じま…

みんな大人になる-ボクの場合④

ボクは父に叱られたことがない。 接触がなければ当然叱られるという場面もないわけだが、 決してそういうわけではない。 むしろ、身の回りの世話をしてもらうことが多かったように思う。 休みの日にはボクを連れて親戚の家に遊びに連れてってくれた。 職場に…

『ミシンと金魚』がおもしろかった

永井みみさんのデビュー作『ミシンと金魚 (集英社文芸単行本)』を読みました。 読み始めてすぐに、カケイさんの独特な語りに引き込まれてしまいました。 認知症を患う「あたし」がカケイさんです。 このカケイさんの語る内容が壮絶な女の一生なんですね。 で…

バカロレアの哲学が市民を育てる

「当たり前」を疑うための「型」を学ぶ フランスの哲学教育を言い表した言葉です。 『バカロレアの哲学 「思考の型」で自ら考え、書く』という本のなかに書いてありました。 フランスにはバカロレア試験というものがあると、以前から聞いていました。 バカロ…

若いときには考えてもみなかったこと

そんなに頻繁ではないのですが、 定期的に書店を訪れて結構な時間を費やしてうろつきまわります。 そして、向こうから呼ばれたように感じた本を何冊か買って帰ってきます。 この本もその中の一冊でした。 『新聞記者、本屋になる (光文社新書)』というタイト…

『ディア・ペイシェント』を読みました

どんな職業も、自分が就いてみないとわからないもので、 医者も例外じゃないですよね。 一般人のワタシでも、病気になればお世話になりますから、 それなりに医者との付き合いがあるわけです。 そうすると、外から見てもある程度は想像がつくものです。 それ…

親が子どもをいじくりまわしてダメにする?

子育て中の親御さんにはちょっときつい言い方かもしれませんが、 あながちハズレではないのかとも思います。 非行は言わずもがな、不登校、ひきこもり、受験競争、無気力などなど昨今の子どもたちをめぐる状況は深刻です。 子育て中の親御さんだったら、無関…

なんで本を読むんだろう?

読書好きだと自分でも思います。 じゃぁ、どうして本を読むんだろう? 決まってるじゃない、楽しいからだよ。 読書が楽しいのはわかりますが、今どき楽しいことって言ったら他にもあります。 若者の読書離れが言われるようになってから久しいですよね。 こと…

『ミーツ・ザ・ワールド』がなんか新鮮だったァ

金原ひとみの小説『ミーツ・ザ・ワールド 』を読みました。 なんか新鮮でさわやか?読んでいて愉しかったです。 何が新鮮かって? 彼女の作品なのにセックスシーンが一つも出てこないのです。 『蛇にピアス』以来、そんなに好きな世界ではないのに関心をもっ…