モヤモヤを抱えて今日も生きる。

とかくこの世は生きにくい。日々モヤモヤを抱えて生きています。モヤモヤジャンルは本・子育て・教育・映画・ニュース・社会などです。あなたに響けば幸いです。

「誤解だらけの子育て」

親「まだ飲んじゃだめ」「何て言うの?」「ほら、ありがとうでしょ?」

 

子「あり・・・・・・」

 

親「ありじゃないでしょう!」「ありがとうって言いなさい、はい、あ・り・が・と・う」

 

いかがですか? こんな光景をどっかで見かけたことありませんか?

 

成田奈緒子さんの本をたてつづけに読みました。

 

冒頭のエピソードは、著書『誤解だらけの子育て 』の「はじめに」に書いてあったものです。

 

「4歳の子どもが誰かからジュースをもらって、無言で受け取って飲み始めようとしたときのこと。」とあります。

 

ワタシ自身も、こんな場面に何回も出くわしています。

 

「子どもにしてみれば、『ジュース、はよ飲みたいねん!』です(笑)。」

 

その通りです。「コントか?」って突っ込みたくなります。

 

しかし、これが笑っていられない。

 

こんなふうに言われ続けた子どもが、萎縮して親の顔色をうかがうようになってしまうも。

 

その結果、幼稚園に行かないとか、行けないといったことになりかねないそうです。

 

じゃ、この場合、親はどう対応すれば良かったのか。

 

成田さんの答えは明快です。

 

「そんなときは、親が代わりに『ありがとう』『ごめんなさい』を社会に対して言い続ける姿を子どもに見せましょう。」

 

「親がとびきりの笑顔で、『すみません!この子、おいしいジュースに目がないんで、飛びついてしまってお礼も言えなくて。本当にありがとうございます!』といただいた方に言えたとしたら?」

 

いかがですか? これで、こちらの気持ちは相手にじゅうぶん伝わりますよね。

 

子どもに「ありがとうは?」なんて、無理強いしているのを見るよりよっぽど気持ちいい。

 

この本には、こんなエピソードがたくさん書かれています。

 

子育ての誤解と、その対処法が具体的に書かれています。

 

18歳くらいまでを見越した、子育ての教科書として必須だと思います。

 

思えば、親になるための教育って受けたことがないですからね。

 

ほとんどの親は無免許運転状態です。

 

著者は「子育て科学アクシス」という、「医療・心理・福祉・教育の枠を超えた専門家と家族の交流の場」の代表です。

 

こういう場って、必要だと思います。

 

今、子育て真っ最中!という方には、助けになると思います。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

子どもの脳をダメにする前に読んでおきたい本

「100点取るなんて偉いね」

 

「大丈夫! あなたならできる」

 

「ちゃんと片づけなさい」

 

「遊んでないで早く宿題しなさい!」

 

この中で、子どもの脳をダメにする親からの言葉がけはどれでしょう?

 

これは『その「一言」が子どもの脳をダメにする』の冒頭にあった言葉がけです。

 

この4つの言葉がけは、どれもダメです。

 

後の方の2つはともかく、最初の2つもダメなの?

 

「100点取るなんて偉いね」や「大丈夫! あなたならできる」のように、

 

「一見ポジティブで、子どものためになりそうな言葉も、伝え方次第では、脳にとってネガティブな刺激になってしまいます。」なのだそうです。

 

この本は「子育て科学アクシス」という親の子育て支援組織を運営する専門家である、

 

成田奈緒子さんと上岡勇二さんによる共著です。

 

子どもの脳をダメにする言葉がけが具体的に書いてあるのでわかりやすく、

 

しかも、それがなぜNGなのかわかりやすく説明されているのがいいですね。

 

また、脳には発達の3ステップがあって、

 

この順番は守られなくてはならないそうです。

 

それが、からだの脳、おりこうさんの脳、こころの脳の3つです。

 

早期教育などが巷間、流行っていますが、これは大事ですね。

 

知っていないと、たいへんなことになってしまいます。

 

5歳くらいまでは「からだの脳」の発達時期です。

 

「毎日規則正しく生活して、十分に睡眠をとることが最も重要」

 

そのうえでの「おりこうさんの脳」、「こころの脳」の発達なのだそうです。

 

そして、そのときどきの言葉がけがとっても大事になってくるわけですね。

 

具体的に書かれているので、とってもわかりやすいです。

 

どうしてダメなのかも説明十分で納得です。

 

そして、ワタシが特に印象深かったのは

 

家庭に「学校や塾での成績を測るモノサシを持ち込むな」というもの。

 

親は、「家庭生活で必要な「軸」のみを持って子育てしていく」

 

その軸とは、極論すれば「死なない、死なせない」です。

 

「家庭の中で子どもがどのように生活しているか」

 

親が問題にすべきは、これだけでいいそうです。

 

「認めてさえいれば、自分で必要性を判断して、自主的に勉強するようになっていく」

 

なるほど。問題は、

 

親が本気でそう思えるかどうかですね。

 

親が試されているのかも。

 

怖ろしいけど、こういうサポートがあるとちょっと助かる。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

「知るということは、自分がガラッと変わること」

バカの壁(新潮新書)』、遅ればせながら読みました。

 

もう20年も前に発刊された本だったのですね。

 

言わずと知れた養老孟司さんのベストセラーです。

 

新潮社の編集部の方が養老さんのお話を聞いて、それを文章化したものです。

 

お話しとしては、おもしろいです。

 

最初のエピソードは特に印象に残りました。

 

大学の薬学部の学生に、

 

ある夫婦の妊娠から出産までを詳細に追ったドキュメンタリー番組を見せたときの、

 

学生たちの反応です。

 

その反応が、男子学生と女子学生ではっきりと違ったというものです。

 

この違いは興味深いですね。

 

男子は「全部知っている」と言うし、

 

女子は「新しい発見をした」と言うのです。

 

これはどういうことなのか?

 

もうひとつ、興味を引かれたのは個性の話です。

 

「教育現場において、おまえの個性を伸ばせなんて馬鹿なことは言わないほうがいい。」

 

「それよりも親の気持ちが分かるか、友達の気持ちが分かるか、ホームレスの気持ちが分かるかというふうに話を持っていくほうが、よほどまともな教育じゃないか。」

 

これなんか、示唆に富んでいると思います。

 

口述筆記ということもあってか、理詰めで納得とはならないところもありますが、

 

考えるきっかけは、随所にあるように感じます。

 

「放っておいたって個性的なんだということが大事なのです。」という記述に、

 

「縛っても縛っても、なお、ほとばしるものが個性だっ!」

 

こんなことを言っていた、かつての職場の同僚のことを思い出しました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

小学生の英語、すごいじゃないですか!

ネットで見かけて、ビックリしちゃいました。

 

 

くわしいことはわかりませんが、

 

初めて英語を聞いた小学生が、

 

聞こえたままを文字にしたら、こんなだったようですね。

 

すごくないですか。

 

英語の音をちゃんと聴き取れてる!

 

そして、これを見てすぐに思いました。

 

ジョン万次郎の英語教本にあったのと同じじゃん!

 

そうです、日本が鎖国していた江戸時代に漁に出て遭難して、

 

アメリカの捕鯨船に助けられ、アメリカに渡ったジョン万次郎です。

 

幕末に日本に戻って、活躍しましたよね。

 

彼が残した英会話教本に、同じような記述がありました。

 

America  → メリカ

 

man  → メアン

 

railroad → レーロー

 

cat → キァア

 

water → ワラ

 

yellow → ヤロ

 

日本の英語教育って、いろいろ言われていますね。

 

中学、高校と6年やっても喋れるようにならない、なんてね。

 

今では、小学生からやってますけどね、

 

先行きバラ色とは思えません。

 

これって、英語教育に問題ありじゃないかと思うのですが、どうなのでしょう。

 

先の小学生を見ればわかりますが、

 

英語の音を聞き取る能力が劣っているわけじゃないんですよね。

 

カタカナ英語が邪魔してるってことはあるかもしれませんが。

 

それだって、指導の仕方でどうにでもなると思います。

 

英語は中学生からでも大丈夫!

 

大事なのは、英語の音!(カタカナ英語に惑わされないで!)

 

文字と音を結びつけて!(アルファベットの子音と母音の文字と音の関連に注目)

 

そして、初めて単語の意味!です。

 

文法は、そのあとで。

 

英語が苦手という中高生と接して、思うことです。

 

英語が苦手な中高生って、英語が読めないんですよ。

 

書いてある英語(文字)を音にできないのです!

 

ただ、英語の文を黙って見てるだけ。

 

これじゃ、いくら文法書を読んでも英語は身につきません。

 

こんな中高生って、けっこう多いんじゃないかと思います。

 

英語嫌いが多いのは、こどもが悪いんじゃない!

 

こどもの英語嫌いは大人の罪だと思います。

 

こどもを英語嫌いにだけはさせたくないですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

装丁がいい本はおもしろい

エッセイストの酒井順子さんが言っていました。

 

「やっぱり、そーか」と合点がいきました。

 

装丁が良いかどうかは、ワタシの本選びのポイントの一つです。

 

それにしても、本選びは楽しいものですが、

 

体力を奪われる、というのも事実です。

 

だから、こういう本はとても役に立ちます。

 

こういう本とは、酒井順子さんが著した『本棚には裏がある』です。

 

週刊文春」連載の「読書日記」から39篇を抜粋したものです。

 

この本が魅力的なのは、堅苦しい書評みたいじゃなくて読書エッセイ的な味わいなとこ。

 

毎回、3冊の本を取り上げ、世相を絡めて興味深いお話に仕上げてくれます。

 

意外な本の組み合わせが、妙にピッタリだったりして感服します。

 

自分じゃ絶対読まないだろーな、てな本が入っていて新鮮です。

 

酒井さんは、自らこういう本を手に取るのか?と。

 

他人の本棚を覗くようでおもしろい。

 

酒井さん自身も、「まえがき」にこんなふうに書いていますー

 

「人がどのような本を読んでいるかは、その人の性格や趣味を如実に示します。ですから私は自分の書棚を見られるのも、また電車の中で何を読んでいるのかを知られるのも苦手なのですが」

 

わかるゎ〜、です。酒井さん、ありがとう。

 

そして、本を読む人の話はおもしろいな〜って感じます。

 

本を読まない人に比べて、読む人に魅力的な人が多いと感じるのは気のせい?

 

なんて考えていたら、こんな記述に出くわしました。

 

「考える時に本を読むのは抵抗が必要だからである。本を読む時、著者の言葉をたどるだけではなく、自分自身の考えに耽ることがある。ー

 

本を読んでいるうちに、いつのまにか自分で考え始めている。」

 

これは、『数えないで生きる』(岸見一郎=著) の一節です。

 

だから、なのですね。本好きの人と話すのは楽しいのです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

「この子はあなたの所有物じゃないのよ」

「タキ姐のいろんなこと、いっぱい聞きたい。僕がインタビュアーになる。いろいろと聞いて活字に残しておきたい。本にして多くの人に読んでいただき、知ってもらいたい、タキ姐のさまざまなことを」

 

こんなふうに、さだまさしさんから加藤タキさんにオファーがあったようです。

 

こうして、2日間6時間余りに及ぶインタビューが実現し本になったのがコレ、

 

さだまさしが聞きたかった、「人生の達人」タキ姐のすべて』です。

 

さだまさしファンのワタシとしては興味津々です。

 

さださんがそうまで言う加藤タキさんってどんな人だったんだろう?って。

 

ただね、対談本って要注意なんですよね。

 

話が深まらないでどんどん横滑りして行っちゃったり、

 

2人の会話がかみ合わないで、お互いにしゃべりたいことだけしゃべって終わりだったり。

 

この本を読み出したときも、ちょっと感じたんです。

 

「あれっ、買って読むほどのものじゃなかったかな」って。

 

でも、2章めあたりから俄然おもしろくなりました。

 

さすが、さだまさしさん。

 

ご自身の言いたいこともちゃんとしゃべって、

 

それでいて、加藤タキさんの魅力を十分に引き出してくださってる。

 

アーティストコーディネーターとして活躍してきた加藤タキさんの、

 

名だたる名優・音楽家との仕事を超えた?交流は興味深く引き込まれます。

 

オードリー・ヘップバーンさんのエピソードは特に印象的です。

 

アンネ・フランク役のオファーが何回もあったのに断り続けたこと、

 

それが、晩年アンネ・フランクの日記を朗読したというエピソード。

 

アンネ・フランクとは生まれが一か月くらいしか違わないという。

 

アンネは強制収容所で亡くなった。

 

オードリーさんはオランダでレジスタンス運動の手伝いをしていたそう。

 

「自分のことのようで、とてもじゃないけど私は語れないし、演じることはできない」

 

彼女がずーっと断り続けていたのは、こういうことだったのですね。

 

そんなヘップバーンさんがユニセフの大使になって初めて募金活動をしたとき、

 

「ものすごいお金が集まったんですって。で、『このために私は女優をやってきたんだ』と感じたというの。」

 

これなんか、すっごくいい話です。

 

それに、忘れてはいけないのがタキさんのお母さま加藤シズエさんの教えです。

 

「みんな怪我すれば、同じ赤い血を流すの。痛かったり悲しかったりすると、同じしょっぱい涙流すの。だから、みんな、どんな人も同じなの。違って当たり前なの。あなたはあなた、ママはママ。違うけれど同じ人間なの。」

 

3歳の時にタキさんがお母さまから言われたことだそうです。

 

また、タキさんが42歳で子どもを出産したときはこんなことも。

 

「あなたの子どもが挫折することを恐れてはいけない」

 

「この子は今は飲むだけ、泣くだけ、出すだけ、寝るだけ。でも、一個の人格ですよ。あなたの所有物ではないのよ。」

 

さらに、

 

「あなたはこの子に将来こういう学校に行って、こういう職業に就いて、こういう人と結婚してって、これっぽっちも理想像を描きなさんな。ちょっとでもそう思った途端に、あなたが描くレールに息子を乗っけることになるから、それは彼の人格を無視することになる。そうではなくて、彼がどんなときにすごく喜ぶとか、どんなときに悔しそうに泣いてるとか、それを見抜いて、好きなところを伸ばしてあげなさい」

 

こうなると、もう教育書の一部みたいです。

 

楽しくて、引き込まれて、ためになるお話が満載です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

『チーズはどこへ消えた?』を読んだのですが・・・

「変化に対する見方が変わったんだ」

 

これが、この物語を読んでの正しい反応なのだろう。

 

「変化とは、何かを失うことだと思っていたのが、何かを得ることなのだ、とね。」

 

でも、ワタシはそうなれなかった。

 

「最初は、みるからに単純なのでいらいらしてさ。」

 

そう、そう。

 

「小学校で聞かされるような話だったから」

 

ワタシも、そう思いました。

 

「そのうちに僕は、その単純なことがわかっていなかったこと、物事の変化に対して効果的な手が打てないでいることにいらだっているんだ、ということがわかった。」

 

どうやら、これがこの本を読んでの正しい反応のようです。

 

だって、続いてこんなふうに書いてあるのですから。

 

「会社の人たちにもこの物語のことを話したら、その人たちがまたほかの人に伝えた。それでビジネスがずいぶん好転した。変化にうまく対応できたおかげでね。私生活でも役立ったという人がたくさんいるよ。」

 

この本の本題に入る前のエピローグの部分に書いてありました。

 

これが、この本の正しい読み方なのでしょう、きっと。

 

さらに、こんなことも――

 

「もっとも、何も得られなかったという人もいるけどね。そういう人はそこに示されている教訓がわかっていて、すでに身につけている人か、もっと多いのは、自分は何もかもわかっているから何も学ぶことなどないと思っている人だ。彼らにはどうしてその物語がそんなに多くの人にプラスになっているのか理解できなかったんだよ。」

 

そういう人は、こんなふうに言われてしまうようです。

 

「新しいことを何も学ばず、変わろうとしない人」って。

 

さぁ、物語『チーズはどこへ消えた?』の始まりです。

 

20年以上売れ続けている世界的ベストセラーだそうです。

 

「日本だけで450万部を突破!」

 

「アップル、IBMメルセデス・ベンツ等世界のトップ企業が研修テキストに採用!」

 

「スポーツ・経済界の著名人も愛読」

 

本の帯にこれだけのことが書いてあれば、誰だって飛びつきます。

 

20年前にも気になった本です。

 

その当時、書店で山積みになっていた本書のことはよく覚えています。

 

でも、読んだのかどうかの記憶が定かではなかったので、手にとってみました。

 

読んでみた感想は?というと・・・

 

「新しいことを何も学ばず、変わろうとしない人」って言われてしまいそうです。

 

すみませんm(__)m

 

何度も何度も読み返してみたのですが・・・

 

「変化に対応せよ!」ということなのでしょうが・・・

 

ワタシにはイマイチ響くものが・・・

 

世界的ベストセラー本に対して、こんなんでスミマセン!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ