モヤモヤを抱えて今日も生きる。

とかくこの世は生きにくい。日々モヤモヤを抱えて生きています。モヤモヤジャンルは本・子育て・教育・映画・ニュース・社会などです。あなたに響けば幸いです。

子どもの力を伸ばしたいなら余計なことは言わないことです

景色の良い公園で少年がスケッチブックに何やら描いていました。

 

その横にはお母さんらしき女の人が座っていて、ときどき話しかけています。

 

見るとはなしに見ていると、おかあさんの手には〇〇写生大会と書かれたチラシが。

 

それを見て、自分の子ども時代を思い出しました。

 

ワタシも絵を描くことが好きで、スケッチブックを持ってあちこち出かけて、

 

気に入った風景を、描いていたことがあったなぁと懐かしく思い出しました。

 

そんなワタシが、夏休みか何かの宿題だったのでしょうか定かではないのですが、

 

「これを描いてみたい!」って思える光景をみつけました。

 

近所の公園の大きなヒマラヤ杉です。

 

ちょうど木の向こうに太陽が透けて見えて、その光景が気に入ったのです。

 

数日かけて描き上げたと記憶しています。

 

学校に持って行ったら、先生に言われました。

 

「太陽は描かないの。太陽は時間とともに位置が変わって、ずっと同じ場所にないからね。」

 

気弱な子どもだったワタシは、先生に言われたら素直に従うしかありません。

 

せっかく描いた太陽と、葉っぱを通して差し込む光の筋を絵具で塗りつぶしました。

 

その絵はとたんに詰まらない絵になってしまいました。

 

それが子どものワタシにも、よくわかりました。

 

太陽を描くことがタブーだなんて!

 

どうして、あの先生はそんなことを言ったのだろうか?

 

大人の無用意な発言は子どもの才能の芽を摘みますね。

 

大人になったワタシが肝に銘じていることは、「子どもに余計なことは言わない」です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村