モヤモヤを抱えて今日も生きる。

とかくこの世は生きにくい。日々モヤモヤを抱えて生きています。モヤモヤジャンルは本・子育て・教育・映画・ニュース・社会などです。あなたに響けば幸いです。

勉強が好きな大人がいました!【教育・社会】

「勉強が好きな大人が見当たらない」と言っていたら、ビッグニュースが飛び込んできましたね。真鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞するという知らせです。

 

「私の研究の原動力のすべては好奇心だった」

 

「ただ(研究を)心から楽しんでいた」

 

「気候の問題を研究するのが楽しくてしょうがなかった」

 

子どもたちに知らせてあげたいですね、こういう大人がいるってことを。

 

想像ですけれども、この方はノーベル賞を取ろう!なんて目標を持っていたわけではないと思います。

 

だって「研究を始めたときは、気候変動の研究の重要性については思ってもいなかった」とおっしゃっていますから。

 

ただ、ひとつ「やっぱりな」と少し残念に感じるのは、氏の研究活動の場が日本ではなくてアメリカだということです。

 

所属する大学での記者会見スピーチの中でそのことにも言及しています。

 

「日本は互いに邪魔しないように協調する」

 

「私は協調が得意ではなかった。(米国では)他の人が感じていることをあまり気にせず行動できる」

 

そんな現場の雰囲気の他に、お金の問題もありそうです。

 

「コンピュータを使いたいだけ使え、好きな研究ができた」とも話しています。

 

子どもたちのためにどんな環境を用意すればいいのか、氏が端的に語ってくれていますね。